収入に余裕がなくても高額な歯科治療ができるように作られたのがデンタルローンと呼ばれる立替払制度です。歯科治療のみに利用目的が限られているので返済回数が多く、金利手数料が低いので計画的な借入れが可能な利点を持ってます。

この他にもローン市場でよく行われる総量規制の対象外であったり、高額医療控除の範囲に入る点からデンタルローンの便利さが伺えます。しかしローンと名前が付くため本当に相手が返済できるのか審査が必要です。基本的には満20歳以上であり安定した収入がある人が対象になり、保証人や連帯保証人の存在はあまり必要としません。信販会社によっては主婦や年金受給者でも利用可能であり審査が甘いように思われます。

しかし高齢者や学生の場合は保証人、連帯保証人を用意する必要があるので必ずしも誰でもできるわけではありません。また、クレジットカードの当月分の支払いが済んでない、消費者金融や銀行で別のローンを組んでいる場合デンタルローンの審査が通りにくくなるので注意が必要です。
ホワイトニングの歯の費用はこちらです。

金利が少なく、返済期間が長いと同時に保険適応範囲外の治療費を融資するというメリットが多い分何かしらのリスクは存在することが伺えます。マイカーローンや住宅ローンと並びデンタルローンは商品扱いのローンであり、別にお金を借入中あるいは未返済であれば審査基準は相応の難易度になります。なので自分の経済状況や口腔内の状態などを思案してこのローンを行うべきでしょう。